太阳集团1088vip&首页

メイン コンテンツ ブロック
メニュー
日本語

台湾考古館

台湾考古館

台湾考古館は二棟造りの建物からなっています。一つ目の建物は1958年に建てられたもので、当院が南港に移動した後の最初の建築物の一つです。二つ目の建物は、1968年から何度かに渡る増築工事を経て完成しました。2008年には、再度改築工事が始まり、2012年7月に竣工しました。

当館は、以前は考古学門の拠点であり、また中原考古文物の保存・陳列の場所でしたが、1970年代初期には、本所において台湾考古標本の収集が始まりました。1980年代以降、考古学門の研究者達は、台湾、澎湖、金門、馬祖、及び東南アジア地域での考古調査と発掘作業を積極的に推進し、遺跡保存・史跡調査に参加しました。それにより、現在に至るまで、多くの考古遺物やフィールドワーク記録及び研究成果が積み重ねられてきました。

当館は、こうした学術研究を支援するために設立されたものです。館内には、標本倉庫、作業室、考古科学実験室などが配置され、考古資料の整理、分類、鑑定、物理・化学分析、デジタル化などの作業が行われています。その他、各種展示の要請に応じて、重要な標本の選定を支援したり、社会教育施設による台湾先史文化を広める教育活動に協力したりしています。

このページの先頭へ
Baidu
sogou